メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最大4割値下げ」ドコモ新料金プラン 端末代金は高額化の懸念も

NTTdocomoのロゴマーク=2019年4月15日、曽根田和久撮影

 NTTドコモが15日発表した6月に導入する新料金プランは、スマートフォンの端末代金と通信料金を完全に分離するのが特徴だ。一定の条件を満たせば現行の通信料金より最大4割の値下げとなるが、端末代金は高額になる懸念もある。携帯電話各社は次世代通信規格「5G」の開始を控え、通信料金と今後の投資という難しいバランスを求められそうだ。

 これまで国内携帯電話各社は、スマホなど端末代金と通信料金を一体にしたセット販売で契約者を増やしてき…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです