メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よみがえる4400年前の色鮮やか壁画 エジプト

 【サッカラ(エジプト北部)で篠田航一】エジプト北部サッカラで約4400年前の貴族の墓が見つかり、墓室に描かれていた色鮮やかな壁画が13日、報道陣に公開された。ウシを解体し、肉を運ぶ人々のダイナミックな姿などが生き生きと描かれており、考古省によると、保存状態がここまで良好なのは珍しいという。

 墓は今年3月に発見された。紀元前25~24世紀ごろにエジプト古王国を統治したファラオ(…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです