メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徴用工像設置の団体、釜山市長との面会求める 市庁舎ロビーで座り込みも

徴用工の労働者を象徴する像=2019年3月1日、堀山明子撮影

 【ソウル渋江千春】韓国・釜山市で、日本総領事館近くの公園脇に置かれていた徴用工を象徴する像が市に撤去されたことを巡り、像を置いていた労働団体側が14日から15日にかけ、抗議を続けた。聯合ニュースによると、両日とも約100人が集まり、「(像の)撤去は親日」「像の即刻返還」などと訴えた。

 団体側は今年3月、総領事館前に像を設置しようとしたが警官隊に阻止され、公園脇の歩道に一時的に設置。その後、団体側…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです