騒乱続く北アフリカ イスラム過激派活発化の懸念 リビアではISによるテロも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
民兵組織と暫定政府側との衝突が続くリビアの首都トリポリ近郊。混乱に乗じたイスラム過激派の台頭が懸念される=4月10日、ロイター
民兵組織と暫定政府側との衝突が続くリビアの首都トリポリ近郊。混乱に乗じたイスラム過激派の台頭が懸念される=4月10日、ロイター

 【カイロ篠田航一】北アフリカのリビアとアルジェリアで続く騒乱に乗じ、両国に潜伏するイスラム過激派の台頭が懸念されている。特に内戦の危機にあるリビアでは、一時は沈静化した過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロ再発の兆しがあり、勢力拡大を警戒する声が上がっている。

 リビアは2011年の中東民主化要求運動「アラブの春」でカダフィ独裁政権が崩壊後、複数の武装勢力が割拠する事実上の内戦状態に突入。ISや国際テロ組織アルカイダ系の組織も台頭し、「過激派天国」(AP通信)に陥った。15年に国連の仲介で統一政府が樹立され、西部の首都トリポリを拠点とするシラージュ暫定政権が誕生したが、東部を拠点とするハフタル将軍が西部の政府を拒否。今月4日以降、ハフタル氏が率いる民兵組織「リビア国民軍」が西部に進軍し、トリポリ近郊で暫定政府側との衝突が続く。

 こうした中、ISはリビア中部フカハで9日、住民3人を殺害するテロを起こした。テロ組織に詳しいエジプト紙「バワバ」元編集長のサラハディン・ハッサン氏は「リビアでは国家が機能しておらず、今ISが台頭しても治安当局に戦う余裕がない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文934文字)

あわせて読みたい

注目の特集