メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習氏訪日へ環境整備を最優先 日中両国 米にらみ急接近

中国公船の侵入と、日中の巡視船数

 河野太郎外相は15日、訪問先の北京で李克強首相らと会談し、日中関係の「好転ぶり」を印象付けた。6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた習近平国家主席の訪日に向けて環境整備を双方が最優先した形だが、両国の間に横たわる深い溝は埋まっていない。

日本への接近、加速させる中国

 「日中の共通利益は絶えず増え、協力の重要性と必要性も強まっている」。日本への手厳しい発言で知られる王毅国務委員(副首相級)兼外相は15日の河野氏との会談で関係改善を高く評価した。一連の会合では、中国側から協力の前途を「花が咲き誇る春」に例える発言もあったという。

 中国は明らかに日本への接近を加速させている。昨年4月に「日中ハイレベル経済対話」を約8年ぶりに再開…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです