メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

原爆ドーム描き続け 画家の原広司さん死去、87歳

1996年12月に原広司さんが描いた500枚目のスケッチ。原爆ドームが世界遺産となったことを喜び、恒久平和を願った

 原爆ドームを描き続けた画家の原広司(はら・ひろし)さんが14日、悪性中皮腫のため死去した。87歳。葬儀は近親者で営む。喪主は長男広信(ひろのぶ)さん。

 広島に原爆が投下された1945年8月6日の翌日に市内に入り、被爆した。当時は13歳。傷ついた多くの人に水を求められ、川におびただしい数の遺体が浮いた惨状を目の当たりにした。同級生の多くも命を奪われた。

 84年に「ヒロシマを語る会」を結成して証言活動を始めたのを機に原爆ドームの絵を描き始めた。88年に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです