メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫、犬8候補が激しい選挙戦 滋賀こにゃん市長選投票受け付け中

投票を受け付けている「こにゃん市」のホームページ

 動物たちの仮想都市「こにゃん市」の市長選がインターネット上で企画され、滋賀県湖南市の猫7匹、犬1匹の計8候補が投票最終日の21日に向け、熱い選挙戦を展開している。

 観光PRや動物愛護を目的に市観光協会が毎年行っており、今回9回目。市内で飼われる猫や犬が自由に立候補でき、当選後は「市長」としてイベントなどに出席する。

 ホームページから誰でも投票でき、各候補は写真や「市の魅力を伝えたいニャン」など公約を掲載。人の世は選挙が重なる「亥(い)年」だが、猫たちも公約実現へイノシシに負けぬ勢い。【礒野健一】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです