メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「動画をみんなに見てほしかった」人気アニメをネット公開、被害178作品18億円 容疑の会社員逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区で2019年2月25日、藤田剛撮影

 人気アニメをインターネット上で違法に公開したとして、大阪府警は15日、三重県四日市市の会社員、李駿衡(イ・ジュンヒョン)容疑者(29)=韓国籍=を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕した。アニメやドラマなど計178作品を無料で公開しており、著作権侵害の被害額は約18億円に上るという。

 逮捕容疑は昨年9月、東映アニメーション(東京都)が著作権を持つアニメ「ワールドトリガー」の映像を、大量のデータをネット上でやり取りできるファイル共有ソフト「ビットトレント」を使って公開。不特定多数がダウンロードできるようにしたとしている。「動画をみんなに見てほしかった」と容疑を認めている。

 府警サイバー犯罪対策課が昨年7月、ネット上の違法行為を監視する「サイバーパトロール」で発見。府警によると、ワールドトリガーは全73話分が公開されていた。アニメ29作品、ドラマやバラエティーなど計149作品が違法に公開され、計約7万2000回ダウンロードされていたという。【宮川佐知子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです