メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン集中出店に苦しめられた 閉店したオーナーが会見

 セブン―イレブンの集中出店戦略によって客の奪い合いになり、閉店に追い込まれたとして、東京都心部で運営していたオーナーの妻斎藤政代さん(52)が15日、都内で記者会見し「集中出店が私たちを苦しめた。必死に働いたが、セブンの経営戦略の前に個人の力ではどうにもならなかった」と訴えた。

     店は東京都中央区の「セブン―イレブン東日本橋1丁目店」。斎藤さんによると、2010年に開店し、当初は好調だったが、13年に近接地に新たにセブンができ、売り上げが激減。今年3月末に閉店した。夫は病気で療養中という。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
    2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
    3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
    4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
    5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです