メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン集中出店に苦しめられた 閉店したオーナーが会見

 セブン―イレブンの集中出店戦略によって客の奪い合いになり、閉店に追い込まれたとして、東京都心部で運営していたオーナーの妻斎藤政代さん(52)が15日、都内で記者会見し「集中出店が私たちを苦しめた。必死に働いたが、セブンの経営戦略の前に個人の力ではどうにもならなかった」と訴えた。

     店は東京都中央区の「セブン―イレブン東日本橋1丁目店」。斎藤さんによると、2010年に開店し、当初は好調だったが、13年に近接地に新たにセブンができ、売り上げが激減。今年3月末に閉店した。夫は病気で療養中という。(共同)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
    4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
    5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです