メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪セーリング会場津波対策 現地視察した専門家が指摘「全員避難は無理」

 2020年東京五輪セーリング会場に当たる湘南港(神奈川県藤沢市江の島)が、大地震で津波が発生すると避難が困難である問題で、東京五輪・パラリンピック組織委員会は観客ら5700人について「避難は可能」とする。しかし現地を歩いた専門家は地形などから「全員が避難するのは無理」と指摘した。【後藤逸郎】

 津波は水深30センチから死者が出始め、1メートルで死亡率100%とされる。毎日新聞が入手した「大正型関東地震」(30年以内の発生確率ほぼ0~6%、マグニチュード8.2)に関する神奈川県のシミュレーションデータによると、発生約6分後に観客の立ち入る可能性があるエリアが30センチになり始め、約8分で大半が1メートルになることが既に分かっている。

 幼児や傷病者など災害弱者の事情に詳しく「津波避難学」の著書もある愛知県立大学の清水宣明教授が、デー…

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです