特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震3年

熊本地震3年 生活再建阻む街づくり「震災ではなく人災」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ひび割れをテープで応急補修したままのドアを指して「3年前からつらさは全く軽くなっていない」と語る村上さん=熊本県益城町で2019年3月8日午後7時44分、福岡賢正撮影
ひび割れをテープで応急補修したままのドアを指して「3年前からつらさは全く軽くなっていない」と語る村上さん=熊本県益城町で2019年3月8日午後7時44分、福岡賢正撮影

 熊本県益城(ましき)町は2016年4月の熊本地震で震度7の激震に2度襲われ、住宅の6割が全半壊した。それから3年。町中心部では公共事業による新たな街づくりが進むが、それは住民の生活再建に規制の網をかける形にもなり、あつれきを生んでいる。【福岡賢正】

 「追い立てられている気分。補償はスズメの涙しか出ないのに」

 益城町広崎の県道沿いで美容室を営む村上勇さん(60)はため息をつく。熊本地震で大規模半壊した店舗兼住宅は、2カ月前にローンを組んで改装したばかりだった。3年たった今も屋根にブルーシートを掛けて住み続けているのは、県が創造的復興の目玉として7年後の完成を目指している県道4車線化事業のため、いずれ解体して立ち退かねばならないからだ。

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1805文字)

【熊本地震】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集