メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子グループ内で無視や悪口、仲間外れ…「囲い込み」で追い詰められ 兵庫小5自殺で報告書

 兵庫県多可町の町立小学校5年の女子児童(当時10歳)が2017年5月に自殺した問題で、いじめの経緯などを再調査していた第三者委員会は15日、他の児童と遊ばせないなどのいじめが「自殺の最も大きな要因」と改めて結論づけ、報告書を公表した。再調査を求めた遺族は「自死に至った経緯を十分理解できた」と評価した。

 女児の自殺については、町教委が設けた第三者委が昨年7月に「いじめが要因」とする報告書をまとめた。しかし、遺族は「具体性に欠ける」と再調査を求め、新たな委員会が児童や教員計6人に追加で聞き取り調査などをしていた。

 再調査委の報告書によると、女児が4年生だった16年7月ごろにクラスに女子グループができ、その内部で無視や悪口、仲間外れなどが断続的に続き、女児も同10月ごろに太ももを強く蹴られた。さらにグループでは女児の行動を見張り、校庭などで他児童と遊んでいると、「あの子らと遊ばんといて」と言って引き離したりした。

 翌17年の春休みに書いたと見られるメモには「死にたい、でもこわいの苦しいから」などと表現。同年4月にはグループ内でランドセルを取るよう命じられ、断ると足を蹴られた。報告書は「グループへの『囲い込み』『拘束』で、無理難題を解決できないと観念させられた」とし、女児が精神的に追い込まれた状況を指摘した。

 再調査委委員長の吉田竜一弁護士は記者会見で「いじめの『傍観者』にならず、『仲裁者』になれるような教育を徹底してほしい」と町に注文。吉田一四町長は「提言を踏まえ再発防止に全力で取り組む」と話し、岸原章教育長は「学校が見抜けなかったことを深く受け止める。現場の感度を上げていきたい」と述べた。【広田正人、望月靖祥】

   ◇  ◇  ◇ 

いじめなどの相談窓口

・24時間子供SOSダイヤル=0120・0・78310(なやみ言おう)、年中無休、24時間

・児童相談所全国共通ダイヤル=189(いち早く)、年中無休、24時間

・子どもの人権110番=0120・007・110、平日午前8時半~午後5時15分

・チャイルドライン=0120・99・7777、毎日午後4~9時(18歳まで)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです