メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊を医学会が検証 関与の実態解明する専門委を17日設置

 国内132の医学系学会が加盟する日本医学会連合が、旧優生保護法(1948~96年)に基づく強制不妊手術への医学者や学会の関与について検証を始める方針を決めた。各学会の専門家による委員会を17日に設置する。強制不妊の推進には精神医学など複数の学会が関与したが、自己検証を始めたのは一部にとどまる。全体を統括する医学会の調査で、不明な点も多い医学者らの関与の実態解明が進むと期待される。

 医学系で国内最大の学術組織である医学会が、加盟学会や医学者の行動に関する歴史問題に向き合うのは異例…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
  5. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです