メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイガー・ウッズ、マスターズ優勝 14年ぶり5度目

マスターズで14年ぶりの優勝を果たしたウッズ=2019年4月14日、AP

 【オーガスタ(米ジョージア州)角田直哉】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、2位で出たタイガー・ウッズ(米国)が6バーディー、4ボギーの70で回り、通算13アンダーで逆転優勝を飾った。メジャー制覇は2008年の全米オープン以来、11年ぶりで、マスターズ優勝は05年以来、5回目となった。

 メジャーでの優勝回数は15回目で、通算18勝のジャック・ニクラス(米国)に次ぐ歴代2位。米ツアーでは通算81勝目で、優勝賞金207万ドル(約2億3180万円)を獲得した。

 また、43歳3カ月でのマスターズ制覇は、1986年に46歳2カ月で大会6勝目を挙げたニクラスに次ぐ年長優勝だった。

 日本勢は通算3アンダーだった松山英樹の32位が最高。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は5オーバーの58位、小平智は6オーバーの61位だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです