メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこJ入り目指す熊本出身DF・国武 復興途上の被災地をプレーで後押し

地元・熊本への恩返しを誓うノジマステラ神奈川相模原の国武愛美選手(左)=相模原市内で2019年4月6日午後1時43分、福田智沙撮影

 熊本地震は16日、本震発生から3年を迎える。被災した熊本県矢部町(現・山都町)出身のサッカー女子なでしこリーグ1部「ノジマステラ神奈川相模原」のDF国武愛美選手(22)は被災地を励まそうと、6月7日開幕の女子ワールドカップ(W杯)フランス大会、来年の東京五輪での代表入りを目指す。

 3年前、山都町は4月14日の前震で震度5強、本震で6弱を観測した。自身は当時、サッカー女子の名門・武蔵丘短大(埼玉)に進み、大学近くの自宅にいた。両親に電話をかけると、実家は幸運にも棚が倒れる程度の被害で済んでいた。だが自宅が全壊した旧友もいた。ドラッグストアを回ってトイレットペーパーや非常食を買い集めて段ボールに詰め、被災地へ送った。

 「不安ですぐにでも熊本に帰りたかった」。だが授業やサッカーの試合で帰郷は夏になってからだった。熊本…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです