メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松山、32位に沈む 苦しいプレーの連続 悔しさ残る8度目のマスターズ

最終ラウンド、17番でラフからショットを放ち、ボールの行方を見る松山英樹。通算3アンダーで32位=オーガスタ・ナショナルGCで、共同

マスターズ・トーナメント(14日・米オーガスタ)

 8度目のマスターズは32位に沈んだ松山。優勝したウッズに対し「普通にそういう力がある選手だし、何の不思議もない」と語った。上位進出を目指し、最終日のプレーに臨んだ。しかし、13番(パー5)で第2打を水路に落とすなどなかなかスコアを伸ばせない。フォームなど修正を試みたものの、最後まで苦しいプレーが続いた。「次のメジャーではこういうことがないようにしたい」。悔しさを胸に秘めて、来月の全米プロ選手権での巻き返しを誓った。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです