メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

サラーの強烈ミドル炸裂! リヴァプール、苦手チェルシー下し暫定首位再浮上

情報提供:サッカーキング

強烈なミドルシュート弾を決めたサラー [写真]=Getty Images
 プレミアリーグ第34節が14日に行われ、リヴァプールとチェルシーが対戦した。

 立ち上がりから主導権を握ったホームのリヴァプールは5分、サディオ・マネのクロスにモハメド・サラーがボレーシュートで合わせたが、これはGKケパ・アリサバラガがキャッチした。チェルシーは30分、カウンターからドリブルで駆け上がったウィリアンが左サイドから中央に切れ込み右足を振り抜いたが、シュートは枠を捉えることができなかった。38分にはサラーの折り返しにマネが決定機を迎えたが、シュートはゴール右へと外れた。前半はスコアレスのまま折り返した。

 試合が動いたのは51分、ジョーダン・ヘンダーソンのクロスにフリーのマネが頭で押し込み、リヴァプールが先制した。さらに53分には右サイドでボールを受けたサラーが中央へ運んでいくと、ペナルティエリアの外から左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり、リードを2点に広げた。

 一方のチェルシーは59分、エメルソンがDFの裏へ浮き玉のパスを送ると、抜け出したエデン・アザールが巧みなトラップからシュートを放ったが、ボールは左ポストを直撃。続く60分にもウィリアンのクロスにアザールが決定機を迎えたがこれはGKアリソンがセーブした。試合はこのまま動かず、タイムアップを迎えた。

 本拠地アンフィールドで2012年5月以来のチェルシー戦白星を飾ったリヴァプールは、リーグ戦5連勝を達成し、暫定ながら首位に再浮上。一方、敗れたチェルシーはリーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。

 次節、リヴァプールは21日にアウェイでカーディフと、チェルシーは22日にホームでバーンリーと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 2-0 チェルシー

【得点者】
1-0 51分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2-0 53分 モハメド・サラー(リヴァプール)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4-3-3)
アリソン;A・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン(77分 ミルナー)、ファビーニョ、ケイタ(66分 ワイナルドゥム);サラー(90分 シャチリ)、フィルミーノ、マネ

チェルシー(4-3-3)
ケパ;アスピリクエタ、リュディガー(40分 クリステンセン)、D・ルイス、エメルソン;カンテ、ジョルジーニョ、ロフタス・チーク(75分 バークリー);ハドソン・オドイ(56分 イグアイン)、アザール、ウィリアン

【関連記事】
●プレミア最多直接対決…リヴァプール対チェルシーについて知っておきたい7つのこと
●「彼はチェルシーの未来」…アザールが新星ハドソン・オドイを称賛
●チェルシーDFに退団の意思なし「そのような話をしたことがない」
●リヴァプールがナイキと年間140億超のユニフォーム契約を締結か
●気になる去就はいかに? 今季で契約満了を迎える“オーバー35”の選手たち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです