メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石野卓球 ピエール瀧被告から感謝され「おまえの発言に救われた」(スポニチ)

 音楽ユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が14日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された相方のピエール瀧被告(52)に「ありがとうおまえの発言に救われた」と言われたと自身のツイッターで明かした。

     石野は先月12日に瀧被告が逮捕されて以降、ツイッターでユニットロゴの「電」の字をかたどった人生初のタトゥーを入れた写真を掲載したり「電気グルーヴは人生」「早く瀧に会いたいなー」と結束を強調していた。

     石野はこの日、瀧被告がタトゥーについて「“俺は『気』って入れなきゃダメ?”って言ってた」と話したことも紹介。一方で、直接の対面はできていないとし、ビデオ通話アプリで対話していることも明かした。音楽関係者は「会うことで、瀧被告の周囲が騒がしくなることを考え控えているようだ」と話した。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
    2. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
    3. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
    4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
    5. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです