メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

「令和元年」御免札

設置作業のため日本相撲協会の職員によって運ばれる御免札=東京都墨田区の両国国技館で2019年4月16日午前9時35分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲夏場所(5月12日初日)の開催を知らせる「御免札(ごめんふだ)」が16日午前、東京都墨田区の両国国技館に設置された。来月1日に元号が「令和」に改元されることを受け、夏場所の開催期間を告げる部分に「令和元年」と書かれた札が掲げられると、立ち止まって見上げる人もいた。

 御免札は江戸時代、勧進相撲の開催許可を…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文291文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです