大相撲夏場所

「令和元年」御免札

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
設置作業のため日本相撲協会の職員によって運ばれる御免札=東京都墨田区の両国国技館で2019年4月16日午前9時35分ごろ、飯山太郎撮影
設置作業のため日本相撲協会の職員によって運ばれる御免札=東京都墨田区の両国国技館で2019年4月16日午前9時35分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲夏場所(5月12日初日)の開催を知らせる「御免札(ごめんふだ)」が16日午前、東京都墨田区の両国国技館に設置された。来月1日に元号が「令和」に改元されることを受け、夏場所の開催期間を告げる部分に「令和元年」と書かれた札が掲げられると、立ち止まって見上げる人もいた。

 御免札は江戸時代、勧進相撲の開催許可を…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集