メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 本郷和人さん 社会構造から考える

「乱と変の日本史」を刊行した本号和人・東大教授=東京都文京区の東大で2019年、大井浩一撮影

 ■乱と変の日本史 本郷和人(ほんごう・かずと)さん 祥伝社新書・907円

 歴史を分かりやすく読み解く名手としてメディアで引っ張りだこの東大教授が、日本史上の戦乱に焦点を当てて論じた。平将門の乱から西南戦争まで視野を広げつつ、専門の中世を中心とする「武士の時代」のありようを平易な話し言葉でつづっている。

 応仁の「乱」、本能寺の「変」、前九年の「役」、大坂冬の「陣」など、さまざまな戦いの呼び方がある。実…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文923文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. 陸上イージス・アショア問題「泥沼」 防衛省の調査ミス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです