メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

NHK「上方演芸会」70周年 新作こだわり漫才育てる

歴代4位で140回の出演記録を更新中の(右から)酒井くにお、とおる=山田尚弘撮影

 NHKラジオの番組「上方演芸会」(土曜午後7時20分)が今年、70周年を迎える。上方の漫才を全国放送する25分番組は、漫才作家による新作台本を毎週2組の漫才師が披露するというシンプルな番組構成で、長く聴取者に愛されてきた。今の中堅~若手の漫才師は自作のネタを披露するのが一般化し、作家台本の演者も減っている。番組担当者や作家は「大阪の漫才が盛り上がるための、一番基礎的な部分を長年担ってきた」と、番組の意義を語る。

 放送開始は1949年9月14日。近代漫才の父と呼ばれる漫才作者・秋田実が携わり、「子どもからお年寄…

この記事は有料記事です。

残り1538文字(全文1796文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  4. 小池祐貴9秒98 日本選手3人目9秒台 陸上男子100、ロンドンで
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです