メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

映画「ハイ・ライフ」 クレール・ドゥニ監督 荒唐無稽でないSF

映画「ハイ・ライフ」の魅力を語るクレール・ドゥニ監督=東京都新宿区で、小林祥晃撮影

 ブラックホールを目指し、宇宙を旅する人間を描いたSFスリラー映画「ハイ・ライフ」。宇宙の果てが舞台のドラマだが、監督のクレール・ドゥニは「宇宙の描写は最新の天体物理学や数学の知見に基づいています」と語り、荒唐無稽(むけい)ではないSF映画を目指したという。

 閉塞(へいそく)感漂う宇宙船の中で、主人公モンテ(ロバート・パティンソン)が、男手ひとつで育てている赤ちゃんをあやす場面から始まる。赤ちゃんに人としての尊厳を教えているが、モンテ自身は囚人である。宇宙船には死刑囚や終身刑の囚人が、刑の執行と引き換えに、ブラックホールから無尽蔵のエネ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです