メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

ノートルダム大聖堂焼ける 「パリの心臓」崩落、涙 祈る市民、響く聖歌

 【パリ賀有勇】フランス・パリのシンボルであり、世界中のカトリック教徒に親しまれてきたノートルダム大聖堂が15日、火災に見舞われた。「どうして……」。炎に包まれる大聖堂を見つめる人々は悲しみにくれ、見守る教徒らの合唱の声が街に響き渡った。

 火災が発生した15日夕方。多くのパリっ子らがセーヌの川岸でビールやワインを飲みながら春の陽気を楽しんでいた。だが、大聖堂から白煙が立ち上ると、多くの人々が大聖堂があるシテ島を目指して歩いた。交通規制で車道が渋滞する中、緊急車両のサイレンが鳴り響いた。

 発生から約1時間後、大聖堂の尖塔(せんとう)が崩落すると、付近に集まった人々から「ああ」という声が…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1336文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  4. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです