メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

9市議選、232人立候補 定数3減、多治見は激戦に /岐阜

 14日告示された市議選は、9市全てで立候補者数が定数を上回り選挙戦に突入した。定数198に対し、232人が立候補を届け出た。内訳は現職167人、元職8人、新人57人。うち女性候補は計23人で、全体の約10%に当たる。定数を前回比3減した多治見などは激戦必至だ。市議の県議転身に伴う瑞穂市議補選(改選数1)は共産新人と無所属新人の争いとなった。【岡正勝】

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1105文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです