メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

9市議選、232人立候補 定数3減、多治見は激戦に /岐阜

 14日告示された市議選は、9市全てで立候補者数が定数を上回り選挙戦に突入した。定数198に対し、232人が立候補を届け出た。内訳は現職167人、元職8人、新人57人。うち女性候補は計23人で、全体の約10%に当たる。定数を前回比3減した多治見などは激戦必至だ。市議の県議転身に伴う瑞穂市議補選(改選数1)は共産新人と無所属新人の争いとなった。【岡正勝】

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです