メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍谷大

若者も日本酒を 苦手意識克服へ研究会 講師が基礎知識、学生ら13銘柄きき酒 /滋賀

 日本酒を若者に普及させようと、龍谷大で公認のサークル兼研究会が発足した。20歳以上で学外からも参加可能。責任者の秋庭太・経営学部准教授は「学生と愛好家と、日本酒に関わる人のプラットフォームにしたい」と意気込む。

 先月16日夕、同大学町家キャンパス(京都市伏見区)で「日本酒文化研究会 TASHINAMI(たしなみ)」のキックオフイベントが開かれ、秋庭准教授のゼミ生や酒造関係者、京都大の日本酒サークルの学生ら30人以上が集まった。全国の酒蔵を巡るほど日本酒好きの中学教諭、浅治岳文さん=札幌市南区=を講師に11社13銘柄のきき酒を実施。浅治さんは基礎知識や飲み方を語りながら「自分好みの味を見つけて」と呼び掛けた。

 友人に誘われ参加した龍谷大の池田泰盛さん(20)は銘柄が伏せられた酒を試し、「甘くてマイルド」「酸…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです