メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

告示 姫路市長選、新人一騎打ち 市政継承か転換か /兵庫

兵庫・姫路市長選が告示され第一声を上げる(右から届け出順に)清元秀泰氏、飯島義雄氏

 統一地方選後半戦のスタートを切り、県内では姫路、明石、芦屋の3市長選と9市議選が14日、告示された。明石市長選は現職で無所属の泉房穂(ふさほ)氏(55)が無投票で4選した。姫路、芦屋両市長選は現職が引退し、いずれも無所属新人の一騎打ちに。芦屋市長選は女性2人による争いとなった。9市議選はいずれも選挙戦となり、定数計239人に対し301人が立候補した。党派別は自民29人▽立憲民主13人▽国民民主1人▽公明41人▽共産29人▽維新18人▽社民3人▽諸派10人▽無所属157人。16日告示の福崎町長選と同町議補選、2町議選とともに、21日に投開票される。【統一選取材班】

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 瀬戸康史さんと山本美月さん結婚発表 インスタで「お互いに大切な存在」

  5. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです