メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
死をみつめて

より良い生き方を/6 盆踊りを復興 命の輝き、地域ぐるみで /和歌山

地域の一大イベントに成長した盆踊りイベント=和歌山県有田川町で、オレンジライフ提供

 皆さんは、葬儀社がイベントを行うことに、どんなイメージを持ちますか? 昔は葬儀社がイベントをするなんて縁起でもないとされ、考えられないことでした。

 しかし、葬儀が式場で行われるようになり、サービス業と認められるようになってからは、式場のPRや営業活動のための催事などが頻繁に行われるようになりました。農産品や加工品などを販売する「マルシェ」を葬儀会館で開いて内部を見てもらったり、特典が付く会員制度への入会を募るキャンペーンを実施したり、というのがその一例です。

 さらに6~7年前からは「終活」に関するイベントもとても増えました。終活とは、自分の人生の最期を考え…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文936文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです