メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つれづれラン日記

目指せ!サブ4 今季最終戦に向け奮起 /山口

 サブ4(4時間切り)を目指して2月17日の北九州マラソンに臨んだものの、後半の失速により、4時間19分46秒に終わった記者(46)。後ろのブロックからスタートした仲間にも抜かれ、ただ見送るだけだった自分が猛烈に情けなく、次戦での奮起を固く誓った。次は今季最後の大会となる「さが桜マラソン」(3月24日)だ。

 初マラソン以上に苦しんだ北九州マラソンの敗因は明らかだった。長距離練習の不足だ。30キロ走はおろか、20キロ走すら、大会2週間前に出たハーフマラソンだけという状態で、山口ランニングネットワークの岡崎芳彦代表にも「週に1度はロング走をやらないと」と活を入れられた。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです