日中

「正常な軌道に」 習氏来日、6月で調整

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・河津啓介】河野太郎外相は15日、訪問先の北京で、中国の李克強首相と王毅国務委員(副首相級)兼外相とそれぞれ会談した。双方は両国関係が「正常な軌道に戻った」として協力強化で一致。習近平国家主席の訪日について、6月に大阪である主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日程を前提に最終調整することを確認した。習氏訪日は国家主席就任後初となる。

 李氏は河野氏との会談で「日中関係がさらに前進するには実務的な協力の積み重ねが必要だ」と述べ、経済連携の強化に意欲を表明。中国が主導する巨大経済圏構想「一帯一路」を念頭に、インフラ整備など第三国での日中協力を推進するよう日本側に求めた。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文668文字)

あわせて読みたい

注目の特集