メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

中国、習氏訪日へ布石 日本と協力強化合意 米にらみ急接近

 河野太郎外相は15日、訪問先の北京で李克強首相らと会談し、日中関係の「好転ぶり」を印象付けた。6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた習近平国家主席の訪日に向けて環境整備を双方が最優先した形だが、両国の間に横たわる深い溝は埋まっていない。

 「日中の共通利益は絶えず増え、協力の重要性と必要性も強まっている」。日本への手厳しい発言で知られる王毅国務委員(副首相級)兼外相は15日の河野氏との会談で日中関係の現状を高く評価した。一連の会合では、中国側から協力の前途を「花が咲き誇る春」に例える発言もあったという。

 日中関係は目に見えて改善している。昨年4月に日中ハイレベル経済対話を8年ぶりに再開。同年10月の安…

この記事は有料記事です。

残り2119文字(全文2430文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです