メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

プロ野球育成制度って? 若者の受け皿を増やす 最低年俸は230万円=回答・中村有花

 なるほドリ プロ野球のDeNA・国吉佑樹投手(27)が161キロの豪速球を投げて話題になったけど、すごいね。

 記者 今季、ソフトバンクの千賀滉大投手(26)も161キロを計測(けいそく)。2人とも育成選手制度出身の選手です。

 Q 育成選手制度とは?

 A プロを目指す若者の受け皿を増やすため、2005年から始まりました。1軍でプレーできる選手として契約するには、実力が足りないけれど、将来性のある選手を通常のドラフト(新人選手選択)会議とは別に行われる育成ドラフト会議で獲得します。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです