メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

プロ野球育成制度って? 若者の受け皿を増やす 最低年俸は230万円=回答・中村有花

 なるほドリ プロ野球のDeNA・国吉佑樹投手(27)が161キロの豪速球を投げて話題になったけど、すごいね。

 記者 今季、ソフトバンクの千賀滉大投手(26)も161キロを計測(けいそく)。2人とも育成選手制度出身の選手です。

 Q 育成選手制度とは?

 A プロを目指す若者の受け皿を増やすため、2005年から始まりました。1軍でプレーできる選手として契約するには、実力が足りないけれど、将来性のある選手を通常のドラフト(新人選手選択)会議とは別に行われる育成ドラフト会議で獲得します。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです