メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年米大統領選

民主候補者争い 37歳ブティジッジ氏に脚光

ブティジッジ氏=ロイター

 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選に向けた米民主党の候補者指名争いで、主要候補中で最年少の中西部インディアナ州サウスベンド市のピート・ブティジッジ市長(37)が脚光を浴びている。「古い政治と決別するときだ」と世代交代を強調し、1カ月間で無名に等しい存在から有力候補の一角に躍り出た。ブティジッジ氏は14日、地元の集会で立候補を正式表明。この集会は注目を集め、全米400カ所で「観戦パーティー」も開かれた。

 ブティジッジ氏は衰退した人口10万の小都市のトップに29歳で就任、経済再建に成功した。米ハーバード大や英オックスフォード大で学び、アフガニスタン戦争で従軍経験を持つ。3月のテレビ対話集会での落ち着いた振る舞いが一気に評価を高め、自伝本が書店で品切れになるなど、人気が急上昇している。同性愛を公表していることでも知られる。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです