メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NTTドコモ

値下げと投資、どう両立 5Gにらみ

携帯電話の新料金を発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=東京都千代田区で15日、佐々木順一撮影

 NTTドコモが15日発表した6月に導入する新料金プランは、スマートフォンの端末代金と通信料金を完全に分離するのが特徴だ。一定の条件を満たせば現行の通信料金より最大4割の値下げとなるが、端末代金は高額になる懸念もある。携帯電話各社は次世代通信規格「5G」の開始を控え、通信料金と今後の投資という難しいバランスを求められそうだ。【森有正、加藤明子】

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです