メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NTTドコモ

値下げと投資、どう両立 5Gにらみ

携帯電話の新料金を発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=東京都千代田区で15日、佐々木順一撮影

 NTTドコモが15日発表した6月に導入する新料金プランは、スマートフォンの端末代金と通信料金を完全に分離するのが特徴だ。一定の条件を満たせば現行の通信料金より最大4割の値下げとなるが、端末代金は高額になる懸念もある。携帯電話各社は次世代通信規格「5G」の開始を控え、通信料金と今後の投資という難しいバランスを求められそうだ。【森有正、加藤明子】

 これまで国内携帯電話各社は、スマホなど端末代金と通信料金を一体にしたセット販売で契約者を増やしてきた。利用者も高価な端末を割安で入手できるメリットがあった。ただ、端末代金の値引きは通信料金の収入を原資にしており、通信料金が値下げされる一方で、端末代金が上昇するケースも多いとみられる。

 15日に記者会見したNTTドコモの吉沢和弘社長は「通信料金をこれだけ下げたので、端末代金への補助は少なくなる」と明言。その一方、高性能の最新機種を定価で購入すれば利用者の負担が大きく、「お客様が求めやすい工夫をしていきたい」と述べた。具体策は後日公表する。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです