メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

インドネシアのタブーに挑む LGBT迫害に反旗 17日議会選、躍進期す政党

インドネシア連帯党のディニ・プルオノ候補=ジャカルタで

 インドネシアで17日、5年ぶりの大統領選が行われる。ジョコ大統領再選の是非が焦点だが、同時に実施される国会議員選などに「性的少数者(LGBTなど)への迫害、差別は許されない」と候補者らが公言する政党が登場し、注目を集めている。国民の9割近くがイスラム教徒の国で、これまでLGBTの問題は「タブー視」されてきた。イスラム保守勢力の台頭で不寛容さを増す社会に対するリベラルな知識層などの反発を背景に、議席獲得の可能性も高まっている。【ジャカルタ武内彩】

 スマトラ島南部ランプン州西ペシシル県は2018年11月28日、「LGBTの禁止」と題した文書を出し…

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです