メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性婚

損賠訴訟初弁論 「暮らしやすい社会に」 東京・札幌地裁

 同性が法律婚できない現行制度は「婚姻の自由」などを定めた憲法に違反するとして、同性カップルが精神的慰謝料として国に1人当たり100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁(田中寛明裁判長)と札幌地裁(武部知子裁判長)でそれぞれ開かれた。国側は争う姿勢を示したが、詳しい主張は次回以降に持ち越した。

 今年2月、東京の同性カップル6組と札幌の3組を含め、名古屋、大阪の計4地裁に計13組が一斉提訴。東…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです