メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済法案、被害通知せず プライバシー保護、盾に 施設役員「補償受ける権利奪う」

 「被害者への個別通知は絶対に必要です」。旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らへの救済法案が11日に衆院を通過したことを受け、50年以上前に手術された知的障害者が入所する宮城県内のグループホームの役員が、福祉関係者の思いを代弁するように言い切った。法案は「プライバシーの保護」を理由に手術記録のある人に被害を通知しないとしており、関係者は被害の掘り起こしの放棄につながると訴える。

 手術されたのは、10年以上前からこの施設で暮らす70代の男性。報道で強制不妊が「間違いだった」と知…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです