メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「ただいま」大熊町 新庁舎開庁式

大熊町の新庁舎開庁をテープカットで祝う渡辺利綱町長(右から4人目)や安倍晋三首相(同5人目)ら=福島県大熊町大川原で14日

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が8年ぶりに解除されたばかりの福島県大熊町大川原地区に町役場新庁舎が完成し、14日、開庁式とまちびらきイベントがあった。旧庁舎は放射線量が高い帰還困難区域にあり、事故後は約100キロ離れた同県会津若松市の仮役場で業務をしてきた。新庁舎での業務開始は5月7日から。大川原地区は今月10…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです