メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人さし指に布を巻き付け、水性クリーナーで汚れなどを落とす=東京都台東区で、根岸基弘撮影

 新年度が始まった。社会人なら足元の身だしなみに気を配りたい。自分でできる革靴の手入れのコツを、靴のケア用品を扱う「R&D」(東京都台東区)の静(しずか)孝一郎社長(53)に教えてもらった。

 ●水分、油分補給を

 「革靴は手入れをしないと、水分や油分が抜けて劣化していく。それらを補給すると、柔軟性や光沢が出て、革として丈夫になってくる」と静さん。「手入れをすればするほど革の寿命は延びてくる」という。

 記者が平日に履いている茶色の革靴を使い、手入れの方法を教わった。ほとんど磨いていないため、さすがに…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです