メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳句月評

虚子の貌 縦横に=岩岡中正

 四月八日は虚子忌。没後六十年を記念して「俳句」四月号が「再発見!高浜虚子」を特集。虚子俳句について、総論で「品格ある写生」とした上で、一方の縦軸で、十代二十代から俳壇復帰の三十代、「進むべき俳句の道」の四十代、花鳥諷詠詩の成立の五十代から八十代の老境まで、明治から昭和後期へと大樹のように成長する過程を、各時期の代表句や年譜とともに紹介する。

 と同時にいわば横軸で、ホトトギスの「経営者」、近代を超える「思想家」、大きく俯瞰(ふかん)する眼(…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです