メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

阪神5-2中日 阪神・西、投打に躍動

 連敗中の暗いムードを振り払ったのは、またも新加入の右腕だった。西が移籍後初登板の本拠地・甲子園で投打に躍動した。

 雨の中でも、両サイドを突いて打たせて取る投球が光った。二回に先制を許したが、1死一塁から併殺打で切り抜け、援護を待った。心掛けたのはテンポだという。「野手を間延びさせてはいけない」とスパイクの裏に付いた土も取らず、リズム良く投げることを優先したという。

 そんな思いに応えるように、打線もつながった。福留の同点打、梅野の勝ち越し打などに続き、西自身もプロ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文574文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです