メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

Promises・2020への約束 対談 射撃・松田知幸×アーチェリー・古川高晴

アーチェリーの古川(左)と射撃の松田

狙う瞬間ゾーンに 射撃・松田知幸×アーチェリー・古川高晴

 2020年東京五輪・パラリンピックで活躍が期待される選手たちが競技の枠を超えて語り合う「Promises 2020への約束」。今回は射撃とアーチェリーの第一人者が対談した。世界選手権優勝の経験がある射撃の松田知幸(43)=神奈川県警=とロンドン五輪アーチェリー男子個人銀メダルの古川高晴(34)=近大職。どうすれば遠く離れた的を正確無比に撃ち、射抜くことができるのか。対談は熱を帯び、ターゲット競技の奥深さを感じさせた。【構成・田原和宏、松本晃、写真・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです