メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑紫少年野球

サンデーリーグ連盟リーグ戦が開幕 4市17チーム、頂点目指す

 筑紫少年野球サンデーリーグ連盟(田畑照雄会長)のリーグ戦(毎日新聞社後援)が6日、筑紫野市筑紫運動広場などで開幕した。秋まで筑紫野、太宰府、大野城、春日の4市の17チームがリーグの頂点を目指して挑む。

 開幕式で出場17チームが元気に行進。大野城少年野球・信国聖星主将の開会宣言に続いて、田畑会長が各チームの選手に激励のあいさつ。選手を代表して月の浦フェニックスの本吉亮伍主将が「一球一球仲間と共に全力でプレーします」と力強く宣誓した。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです