メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

B型肝炎訴訟

患者が逆転敗訴 除斥期間、再発時の起算認めず 福岡高裁判決

 集団予防接種が原因のB型肝炎の救済を巡り、20年以上前に慢性肝炎になり、いったん治まった後に再発した患者2人が国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が15日、福岡高裁であった。山之内紀行裁判長は、国に1250万円ずつ計2500万円の賠償を命じた1審・福岡地裁判決を取り消し、民法の除斥期間(20年)の経過で請求権が消滅したとして、原告側の請求を棄却した。【平川昌範】

 国の救済策では、裁判を起こし和解に至った慢性肝炎患者には1250万円が給付されるが、損害賠償の請求…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです