メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官「世界にとって損失 非常に心痛む」 ノートルダム大聖堂火災

激しく燃えるノートルダム大聖堂=パリで15日、賀有勇撮影

 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で起きた大規模火災について、「世界にとって損失で非常に心を痛めている。マクロン大統領をはじめ、仏政府、仏国民にお見舞い申し上げる」と述べた。菅氏は「仏政府から何らかの支援要請がある場合には、日本政府として積極的に検討したい」とも語り、大聖堂の修復や再建に向け、積極的に支援していく考えを表明した。【高橋克哉】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです