メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EVなどの最新モデルも 1000社出展 上海モーターショー開幕

日産自動車が出展した電気自動車(EV)のコンセプトカー。会場ではEVの出展が目立った=上海で2019年4月16日午前、赤間清広撮影

 【上海・赤間清広】世界最大規模の自動車見本市、上海モーターショーが16日、開幕した。20カ国・地域から約1000社が出展。中国市場が深刻な販売不振に陥る中、電気自動車(EV)などの最新モデルを展示し、需要喚起を狙う。25日まで。

 右肩上がりの成長が続き、世界最大の自動車市場となった中国だが、国内新車販売が9カ月連続で前年実績割れするなど変調が鮮明になっている。中国政府はEVを中心とした新エネルギー車の普及に力を入れており、ガソリン車販売が落ち込む中でも新エネ車は好調を維持している。モーターショーでも新エネ車があちこちで披露された。この分野の競争が一層激しくなりそうだ。

 通信機能を強化したコネクテッドカー(つながる車)や自動運転車など次世代技術も高い関心を集めている。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)など中国ハイテク企業の出展も目立っている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです