メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米投資会社CEO、日本企業CVCの運営受託拡大に意欲

インタビューに答える米ペガサス・テック・ベンチャーズのアニス・ウッザマンCEO=東京都港区で2019年4月16日午前9時6分、和田憲二撮影

 米シリコンバレーの投資会社「ペガサス・テック・ベンチャーズ」のアニス・ウッザマン最高経営責任者(CEO)が16日、東京都内で毎日新聞の取材に応じ、日本企業が設立する「コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)」の運営受託拡大に意欲を示した。「日本企業はイノベーション(技術革新)を起こさないと競争に負ける」と述べ、CVCを活用して新興企業のノウハウ獲得を急ぐよう訴えた。

 ウッザマン氏は1990年代に日本の大学で学んだ後、米IBMを経て2011年にペガサスの前身の投資会…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです