メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノートルダム大聖堂の大規模火災 改修工事が原因か

煙を上げて燃えるノートルダム大聖堂=パリで2019年4月15日、AP

 パリ中心部の観光名所で世界遺産のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、高層部から出火、屋根が炎上する大火災となり、高さ約90メートルの尖塔が焼け落ちた。消防当局は16日未明まで懸命の消火活動を続け、建物の崩壊を防いだ。検察当局は失火の疑いがあるとみて捜査を始めた。

 フランスのテレビは消防士1人が重傷を負ったと伝えた。大聖堂関係者や観光客の死傷の情報はない。パリ市当局者は大聖堂が保有する宗教芸術など多数の貴重な文化財は守られたと述べた。マクロン大統領は大聖堂再建を誓った。

 大聖堂は一部が改修工事中だった。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです