尖塔が崩落、南北の塔は無事 ノートルダム大聖堂火災

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】フランス・パリ中心部にある観光名所のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、大規模な火災が発生した。火災は16日未明に鎮圧されたが、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が崩落。大聖堂を象徴する南北の塔は崩落を免れた。当時は閉館時間帯で観光客はいなかったとみられ、消防士1人がけがをしたとの情報がある。改修工事中の失火の可能性があるとみられている。

 マクロン仏大統領は15日夜、フランスで続く反政権デモに関連して実施予定だった国民向けのテレビ演説を中止し、現場に駆けつけた。「最悪の事態は免れた」と述べるとともに、「国民が望んでいる」として、大聖堂の再建を誓った。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文665文字)

あわせて読みたい

注目の特集