メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尖塔が崩落、南北の塔は無事 ノートルダム大聖堂火災

火災で崩れ落ちるノートルダム大聖堂の尖塔=パリで、AP

 【パリ賀有勇】フランス・パリ中心部にある観光名所のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、大規模な火災が発生した。火災は16日未明に鎮圧されたが、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が崩落。大聖堂を象徴する南北の塔は崩落を免れた。当時は閉館時間帯で観光客はいなかったとみられ、消防士1人がけがをしたとの情報がある。改修工事中の失火の可能性があるとみられている。

ノートルダム大聖堂にある尖塔は激しく燃えた後に崩れ落ちた=パリで15日、賀有勇撮影

 マクロン仏大統領は15日夜、フランスで続く反政権デモに関連して実施予定だった国民向けのテレビ演説を中止し、現場に駆けつけた。「最悪の事態は免れた」と述べるとともに、「国民が望んでいる」として、大聖堂の再建を誓った。

 仏テレビ「フランス24」などによると、消防士約400人が消火作業にあたったが、火は瞬く間に燃え広がり、出火から1時間ほどで尖塔が崩落した。現在のところ放火されたことを示す証拠はなく、仏メディアは数カ月前から大聖堂で行われていた改修工事の足場付近から出火した可能性を指摘している。

 年間約1300万人の観光客らが訪れる大聖堂の火災は世界中のメディアが速報し、各国首脳も相次いでメッセージを発した。トランプ米大統領はツイッターで「パリのノートルダム大聖堂の大火災はとても恐ろしい」と書き込み、フランスとの連帯を示した。

 セーヌ川の中州にあたるシテ島に建つゴシック様式のノートルダム大聖堂は、12世紀に建築が始まり、修復や増築が繰り返されてきた。1991年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです