メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マクロン大統領「とてつもない悲劇だ」 再建誓う ノートルダム大聖堂火災

激しく燃えるノートルダム大聖堂=パリで15日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】フランス・パリ中心部にある観光名所のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、大規模な火災が発生し、高さ約90メートルの木造の尖塔(せんとう)が焼け落ちた。大聖堂を象徴する南北の塔は崩落を免れた。当時は閉館時間帯で観光客らはいなかったようだが、消防士1人がけがをしたとの情報がある。改修工事中の失火の可能性があるとみられている。火災は16日未明に鎮圧された。

 マクロン仏大統領は15日夜、反政権デモに関連した国民向けのテレビ演説を中止し、現場に駆けつけた。「フランス国民にとってとてつもない悲劇だ」と述べるとともに、「国民が望んでいる」として、大聖堂の再建を誓った。

 仏テレビ「フランス24」などによると、消防士約400人が消火作業にあたったが、火は瞬く間に燃え広がり、出火から1時間ほどで尖塔が崩落。現在のところ放火の可能性を示すものはない。大聖堂では数カ月前から改修工事が行われており、仏メディアは、尖塔の周囲に組まれていた足場付近から出火した可能性を指摘している。

 AFP通信によると、イエス・キリストが処刑されるときに身につけていたとされる聖遺物「いばらの冠」などの貴重な所蔵品の一部は、消防士らに運び出されて無事だったという。

 年間約1300万人の観光客らが訪れ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている大聖堂の火災は世界中のメディアが速報するなど、国内外に大きな衝撃を与えた。大聖堂は21日からのキリスト教の復活祭(イースター)を控えており、現場付近は悲しみにくれるパリ市民らであふれた。

 各国首脳も相次いでメッセージを出し、ローマ法王庁(バチカン)は「フランスと世界のキリスト教のシンボルである大聖堂の大火災にショックを受け悲しんでいる」とのフランシスコ・ローマ法王の声明を発表した。またトランプ米大統領はツイッターで「パリのノートルダム大聖堂の大火災はとても恐ろしい。上空からの放水が効果的かもしれない」と書き込み、フランスとの連帯を示した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです