メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マクロン大統領「とてつもない悲劇だ」 再建誓う ノートルダム大聖堂火災

 【パリ賀有勇】フランス・パリ中心部にある観光名所のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、大規模な火災が発生し、高さ約90メートルの木造の尖塔(せんとう)が焼け落ちた。大聖堂を象徴する南北の塔は崩落を免れた。当時は閉館時間帯で観光客らはいなかったようだが、消防士1人がけがをしたとの情報がある。改修工事中の失火の可能性があるとみられている。火災は16日未明に鎮圧された。

 マクロン仏大統領は15日夜、反政権デモに関連した国民向けのテレビ演説を中止し、現場に駆けつけた。「…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです