メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリの象徴、無残 宗教を超え「再建」協力 ノートルダム大聖堂火災

ノートルダム大聖堂が炎上し、街頭で祈る人たち=パリで2019年4月15日、AP

 【パリ賀有勇】フランスのカトリック教会を象徴するパリのノートルダム大聖堂の火災は、夜を徹した消火作業の末、出火から約15時間後に鎮火した。一夜明けた16日、小雨が降るなか、出勤途中の多くの市民が足を止め、慣れ親しんだ大聖堂の変わり果てた姿を見つめた。口々に火災のショックを語る一方で、宗教を超えて再建を望む声が高まっていた。

 鎮火が宣言される直前の16日朝(日本時間16日夕)、ノートルダム大聖堂が建つ、セーヌ川の中州にあた…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです